万葉の湯 町田 ツインに1人で宿泊

色々あって1人で万葉の湯に宿泊w

というのも東急田園都市線の南町田駅→南町田グランベリーパーク駅への更新作業報道公開が深夜1時~3時だったので、宿泊が必要だったんですね。

南町田駅徒歩圏内ということで、ほぼ選択肢がなく、万葉の湯に宿泊。幸い平日で1名1室利用でも8千円台のプランがあったのでココにしました。助かった。

こういうの地味に便利ですね。まあ温泉施設なので浴場行くとかパッと部屋を留守にするシーン多いからね。

では、いつもの通り箇条書きレビュー。

・ 南町田駅から徒歩12分。北口出て右、車通りの激しい道沿いをひたすらまっすぐ歩く。

・ チェックイン(というか温泉施設の受付)は7階 。靴を脱いで袋に入れて中に入る。チェックインで作務衣を渡されるのは仕事出張泊では初かも。 。

・客室は各フロアの奥まったエリアに分散。今回は3階だった。

・部屋にバスルームはなく、トイレのみ。まあ温泉メインの施設なので。

・部屋は思ったより広く快適だった(ツインだし)

・あと普通のビジホよりアメニティが充実している。乳液とか持ってこなくてよかった。

・温泉のほうにも脱衣所に乳液とかシェービングフォームとか各種あるので、よく考えれば当たり前だけどお風呂回りは充実して困らない。

・ 残念ながらインスタントコーヒーの備え付けはなし(お茶のみ)。なお冷水やお茶は各フロアで無料で飲めます。

・枕元にもコンセントあり。パスワードありのwifiも全館飛んでる。

・休日の万葉の湯は混むが平日は空いてて殺伐としてない。1人客多いのが印象的だったが、確かにこのまったりさなら居やすい(地方のスーパー銭湯気分)。

・食堂は24時間営業。22時以降は深夜メニュー。AM3時以降は軽食メニュー。

・てか、ココ日帰り入浴でも結構するから充実した温泉設備(読書室とかもある)つきで8千円台の宿泊(朝食ビュッフェ付き)と考えれば平日はコスパいいですね。